• HOME
  • >会社案内
  • >沿革

沿革

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

昭和22年 7月 大阪市東区今橋2丁目朝日生命ビル内に
資本金16万5千円にて創立
工業用ゴム製品の販売を営む
昭和24年 3月 大阪市旭区赤川町1丁目に本社を移す
6月 資本金を70万円に増資
昭和29年 7月 資本金を150万円に増資
11月 現在地に本社を移す
昭和36年 1月 堺市に堺営業所を開設
8月 資本金を700万円に増資
昭和39年 1月 資本金を1千万円に増資
昭和40年 9月 大東工場第1期工事竣工、操業開始
(東海ゴム工業株式会社・高圧金具装着加工指定工場)
昭和42年 6月 広島市に広島営業所を開設
昭和43年 8月 資本金を1千500万円に増資
昭和44年 3月 尼崎市に尼崎営業所を開設
7月 資本金を1千800万円に増資
8月 米子市に米子営業所を開設
昭和45年 8月 資本金を2千万円に増資
昭和46年 4月 大東市に大東営業所を開設
8月 資本金を2千200万円に増資
10月 堺営業所を堺市戎之町西に新築移転
11月 本社社屋鉄筋コンクリート4階建竣工
昭和47年 7月 高松市に西部三ツ星(株)を設立 (現 株式会社セイブ)
8月 資本金を2千500万円に増資 (授権資本を1億円)
12月 姫路市に姫路営業所を開設
昭和48年 4月 福岡市に福岡営業所を開設
5月 姫路市飾磨区に姫路営業所を新築移転
8月 資本金を3千万円に増資
昭和49年 8月 資本金を4千800万円に増資
9月 名古屋市に名古屋出張所を開設
11月 米子市旗ヶ崎に米子営業所を新築移転
昭和50年 4月 大東製品センター及び大東営業所を現住所に新築
昭和55年 10月 大阪営業所新社屋新築 (本社ビル南側)
11月 山口市に山口営業所を開設
昭和56年 10月 広島市西区に広島営業所を移転
昭和57年 11月 工業用合成樹脂素材部を新設
裁断加工及び本格販売を始める
昭和60年 1月 尼崎営業所を尼崎市西立花町に新築移転
2月 名古屋出張所移転 (同区内) 営業所に昇格
昭和61年 11月 滋賀県栗東町に滋賀営業所を開設
昭和63年 1月 福岡営業所を福岡市博多区上牟田に新築移転
11月 大東工場をセイブプロセス(株)に分離独立
(高圧ホース・合成樹脂の加工及び販売)
平成元年 8月 福山市に西プラ工業(株)を設立
平成2年 2月 大阪営業所を大阪市旭区に新築移転
9月 西プラ工業(株)を福山市東手城町に新築移転し、
ニシプラ(株)に社名を変更 (現 セイブプロセス(株) )
11月 山口営業所を山口県吉敷郡小群町に新築移転
平成3年 11月 宮崎県都城市に南九州営業所新築開設
平成4年 9月 大阪府岸和田市に岸和田営業所開設
平成7年 8月 各営業拠点を『営業所』より『ベイス』に名称変更
平成9年 7月 東京都台東区に東京ベイス開設
平成12年 9月 姫路物流センター新築
平成14年 2月 (株)セイブを設立
平成15年 1月 徳島連絡所開設
4月 北九州連絡所開設
平成17年 3月 堺ベイス新築建替
9月 神戸連絡所開設
北九州連絡所を出張所に昇格
平成18年 5月 名古屋ベイスに名古屋物流センター増設
平成19年 7月 60周年記念式典を北海道にて開催
10月 コンピュータ販売管理システムを刷新
平成20年 5月 神戸連絡所をベイスに昇格
神戸市長田区に移転
平成20年 9月 北九州出張所を北九州市小倉北区に移転
平成21年 5月 北九州出張所をベイスに昇格
平成23年 5月 大阪市に立売堀連絡所を開設
敦賀市に敦賀連絡所を開設
平成23年 7月 西部ゴム65周年・セイブ40周年
合同記念式典を箱根にて開催
平成24年 5月 立売堀連絡所を出張所に昇格
敦賀連絡所を出張所に昇格
10月 大阪物流センターを増設
11月 立売堀出張所を大阪市西区立売堀に移転
平成25年 7月 西部ゴム・セイブ合同研修会を有馬温泉にて開催
平成27年 7月 西部ゴム・セイブ合同研修会を軽井沢にて開催
平成28年 3月 大東ベイス新築建替
大東アッセンブリーセンター新築
平成29年 5月 管理本部と業務本部を統合
営業推進部を新設
社員寮「豊中荘」を開所
7月

西部ゴム・セイブ合同研修会を台湾にて開催

10月

大阪物流センタートラックターミナル新設

平成31年 1月 社員交流会を京都で開催
令和元年 5月

南九州ベイスに南九州物流センター増設

7月

西部ゴム・セイブ・セイブプロセス合同研修会を香港にて開催

令和2年 5月

カスタマーソリューション部を新設
(営業推進部を統合)